医師の情報サイト:プロの病院経営 医療系コンサルタントが執筆しています。

相澤病院の今後の取り組み

main

二次医療圏と自院および相澤病院の歴史的経緯や現在提供している医療などから相澤病院は急性期機能を発揮する病院とし病床数を減じても特化すべきとする結論に至った。

一般市民から見た場合にも病院機能を絞り込んだほうが分かりやすいと考え、病床区分は高度急性期から急性期として入院機能を発揮し、外来は紹介患者を主として診療する専門外来機能に絞るとともに北米型ER機能と救命救急センター機能が一体となった救急医療機能を発揮することとした。

しかし、相澤病院がこれまで築いてきた地域医療支援病院としての病診連携機能とそれに係る病床は、ER型救急医療と相まって在宅医療やかかりつけ医を強力に支援してきた。

相澤病院の松本市における地理的位置を考えるとこの機能を投げ出すことはできない。

このため相澤病院の病床の一部を移転させて、新たに「相澤東病院」を創設することにした。

この病院には在宅医療を支援するための病診連携を中心とする急性期入院機能(ただし、救急患者は相澤病院ERを受診し、疾患と重症度を判断してから入院すべき病床を決めて入院する)と急性期治療後の在宅復帰や転院までの期間の治療や退院支援を行ういわゆる「回復期」機能、さらには在宅療養者の生活機能障害憎悪時におけるリハビリ施行による生活機能改善の機能を持たせるつもりとのことである。

在宅療養に関しては、あくまでも主治医は「かかりつけ医」として原則往診は行わず、かかりつけ医の支援としての往診はかかりつけ医の指示の下で行い、外来は紹介外来を基本とするが病院近隣の通院可能な患者に対する一般的診察は行う予定である。

相澤東病院は近隣地域の地域包括ケアの基幹病院として、または在宅医療支援拠点として、機能させたいと考えているとのことである。

医療系コンサルタント

Comments are closed.

Post Navigation