医師の情報サイト:プロの病院経営 医療系コンサルタントが執筆しています。

アメリカ合衆国の疾病管理

main

2番目に(元々存在し,さらに技術が開発されつつあった)疾病管理がアメリカ合衆国において急速に広まっていった1990年代の様子を通じ戦略論の要素をあてはめて分析してみたい。

残念ながら制度横断的な理念の指摘は難しい。

その理由は,当時,営利・非営利の様々な米国健康保険プランが,それぞれ独自に広く深いものから浅く狭いものまで何らかの「疾病管理プログラムを取り入れた」と唱えたからである。

つまり共通の理念から始まったわけではない。

これに対し,当時のディジーズマネジメントに与えられた主たる使命は明確に記述できる.それは,HMO(Health Maintenance Organization)やPPO(Preferred Provider Organization)を代表とするMCO(Managed Organizaion),およびそこで行われた一部の行き過ぎたマネジドケアに対して沸き起こった,保険加入者やマスコミ・政治家たちからの厳しい批判への対応策と表せる。

ただしMCOも全ての組織が批判されたわけではない。

1945年発足以来,地域住民に信頼され,かつ客観的な認証によっても提供医療サービス(医師・病院の双方)の質の高さで知られるカイザー・パーマネンテ(Kaiser Permanente)のような組織も存在する。

その一方,加入者の受診制限,ならびに医師のサービス提供や入院の事前保険承認制などを通じて,保険給付費を減らし,保険プランとしての利益を向上させ,株主に報いることを主目的におく営利志向の強い企業も目立った。後者についてはいくつかのハリウッド映画の題材に取り上げられるなどした結果,保険加入者と契約医師のみならず,社会一般から批判が集まり,アメリカ国会でも問題として論じられ,極端な受診制限や極端な早期退院などは州法などにより制約されるに至った。

そこで米国健康保険プランは,違った経路で支出抑制を図りつつ,保険加入者の健康を気遣っているとのメッセージを発信する必要性に直面した。

つまり保険者が疾病管理に期待した価値は,受診や診療の制限以外の方法による保険給付費の抑制と,マーケティング上欠かせないよいイメージづくりであった。

当時積極的に採用された中核概念としては,重症者介入リスク・アプローチが採用された。

当然ながらそこでの中核技術は,保険加入者の階層化技法と,コールセンターおよび電話オペレータの活用技法などになる。

さらに疾病管理専門企業が健康保険プランにプログラムを売り込むための「成功報酬制」も,米国的な中核技術の1つに含まれる。

医療系コンサルタント

Comments are closed.

Post Navigation