医師の情報サイト:プロの病院経営 医療系コンサルタントが執筆しています。

「地域一般病棟」の役割

main

ここでは、「地域一般病棟」の概念をもとに、軽度―中等度の急性期疾患に対応する中小病院の2025年の役割について述べる。

中小病院においては、高額な医療機器を導入し、高度急性期医療を行うには、当然限度がある。

また、これからの地域のニーズもそれを求めていない。社会保障制度国民会議報告書「医療・介護分野の改革」においても、最初の項に「急速な高齢化は、疾病構造の変化を通じて、必要とされる医療内容に変化をもたらしてきた。平均寿命60代の社会で、主に青壮年期の患者を対象とした医療は救命・延命、治癒、社会復帰を前提とした「病院完結型」医療であった。

老齢期の患者が中心となる時代の医療は、病気と共存しながらQOL(Quality of Life)の維持・向上を目指す。

住み慣れた地域や自宅での生活のための医療、地域全体で支える「地域完結型」医療に変わらざるを得ない」と記している。

まさにここに、全日病が超高齢化社会がピークを迎える2025年を見すえて提唱してきた「地域一般病棟」の使命があると考える。

筆者が理解しているその役割は、

1.増え続ける高齢者の救急を含めた急性期医療に24時間対応する

2.症例によってはトリアージし高度急性期病院と連携を取る

3.地域の在宅療養支援診療所や訪問看護ステーション、さらには介護サービスなど在宅医療をバックアップする

4.病状不安定な患者を受け入れる

5.回復期や慢性期の連携が円滑である

という5点である。

医療系コンサルタント

Comments are closed.

Post Navigation